コレステロールに気をつける

年齢を重ねることにより、体のコレステロールを上手くコントロールする機能が減衰してきます。

若い人の体はコレステロールを過分に摂ってしまっても、体が勝手に体内生成コレステロール量を調整してくれます。
ですが、高齢者になるとその機能が働かなくなり、コレステロールを余らせるようになります。

これにより、若い世代の人と比較して高齢層のほうがコレステロールの摂り方を気を付けなくてはいけません。

毎度の食事でコレステロール値の高い食べ物を控えるというようなことも、健康の管理のためには大切なことです。
コレステロールを多く含んでいる食品には、動物・魚の内臓や卵などがあります。

最新情報

2016年4月1日
未分類
金時生姜の効果って?
生姜に期待する効果というと一番は体を温めるということではないでしょうか。 生の生姜には、ジンゲロールという成分・・・
2016年3月15日
未分類
通風予防にアンセリンがいい?
アンセリンはマグロやカツオなどの休みなく泳ぎ続ける回遊魚に含まれる成分です。 豊富な持久力の源になるといわれる・・・
2016年3月1日
未分類
ナットウキナーゼが含まれている納豆の効果って
タンパク質やアミノ酸、ビタミン、食物線維、大豆イソフラボンなど、含有している栄養素が豊富な納豆。 納豆は、大豆・・・
2016年2月15日
未分類
鮫肝油に多く含まれるスクアレン
鮫肝油の主成分でもあるスクアレンは、人の体内にもともと存在する成分です。 ただ、年を取るにつれて減少していきま・・・
2016年2月4日
未分類
クリルオイルに期待する働き
オキアミから抽出されるクリルオイルには、DHA・EPAやアスタキサンチンが豊富に含まれています。 クリルオイル・・・
サブコンテンツ

このページの先頭へ